florida panther

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。, The Falcon Thief: A True Tale of Adventure, Treachery, and the Hunt for the Perfect Bird, Bubble in the Sun: The Florida Boom of the 1920s and How It Brought on the Great Depression, Manatee Insanity: Inside the War over Florida's Most Famous Endangered Species (Florida History and Culture), Oh, Florida! If not the best book on panthers per se (or maybe it is!

That the panther still exists at all is a miracle&;the result of … ), it's the best on what has happened to them over the last century. フロリダパンサーは食肉目ネコ科の哺乳類であるピューマの亜種。フロリダ州に生息する絶滅危惧種のひとつで、フロリダ半島の先端にあるエバーグレーズ国立公園およびビッグサイプレス国立保護区にて厳重な個体管理がなされている。個体数は1970年代に20頭前後まで激減したが、2017年の調査では230頭にまで回復している。パンサー(豹)という名前が付いているが、ヒョウでは無い。, かつてはテキサス州東部、ルイジアナ州西部からアーカンソー州、ミシシッピ州、アラバマ州、ジョージア州、サウスカロライナ州、フロリダ半島全域にかけて広く分布していたが、西部開拓時代に入り、家畜を襲う害獣として駆除され、19世紀後半には東部の州からはほとんど姿を消し、1920年代にはフロリダ半島を除き、その生息は確認できなくなった。, 1958年にようやく害獣リストから外され、法的な保護措置が取られ始めるようになったが、1967年には連邦魚類野生生物局の絶滅危機動物に指定された。, ピューマは北アメリカ最大のネコ科の動物で、体長1~2メートル、体重100キログラムという大きさであるが、フロリダパンサーは体長2メートル、体重55キログラムというかなりの小型である。これは他の地域のピューマから隔絶された地域に生息していたことから、交雑が発生せず、長い年月をかけて独特の性質を持ったためと考えられている。, 1973年に再発見されたことが契機となって、1981年、フロリダ野生生物委員会はフロリダパンサーの本格的な生態調査と行動管理を始めた。発見したフロリダパンサーにラジオテレメトリーを取り付け、無線によって他のパンサーとの接触や獲物の種類、出産や死亡などをつぶさに調査を行った。, また、1月から3月にかけては毎年捕獲調査を実施し、毛や皮膚、血液、精液から排泄物に至るまでの詳細な生物データを採取し、健康状態や遺伝子レベルでの研究を行っている。, 研究が進むにつれ、フロリダパンサーの生後6ヶ月以内の死亡率が50%を越えていること、雄の精子の95%が奇形であること、カウリック[1]、キンクテイル[2]、心臓や内臓の先天的疾患、貧血、ウイルスやバクテリアなどによる伝染性感染症の感染、潜伏睾丸[3]などあらゆる異常がほぼ全てのフロリダパンサーから検出されるという事実が判明する。, これらの症状は押しなべて近親交配が原因であると考えられている。なぜ、このような状況になったかについては諸説あるが、最も有力なものはフロリダの開発に伴う生息域の分断であるとされている。, フロリダパンサーは、正常な生態を維持する為には、約780平方キロメートルという広大な面積が必要となる。しかしフロリダ半島は1960年代以降、広大な湿原が農業用地へと姿をかえて行き、フロリダパンサーの住処を奪っていった。特に1967年に開通したマイアミからネイプルズに向かってビッグサイプレス国立保護区を通る高速道路(アリゲーター・アレイ)はフロリダパンサー最大の生息域を完全に分断する結果となった。こうして、フロリダパンサーはお互いに交流の無い数頭のグループに分断されてしまい、近親交配が起こったと考えられている。. Once common throughout the southeastern United States, fewer than 100 Florida panthers (Puma concolor coryi) are estimated to live in the wilds of south Florida today. The current range of Florida panthers is less than five percent of their original range across Florida, Georgia, Alabama, Mississippi, Louisiana, Arkansas, and parts of Tennessee and South Carolina. 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 Yes, I learned a tremendous amount about Florida Panthers however I recommend this book to everyone whether they care about the Florida Panther or not! Twice he won the Society of Environmental Journalists' top investigative reporting award.

Florida panther (Puma concolor couguar), a member of an endangered population of pumas, or cougar, that lives in pinelands, hardwood forests, and mixed swamp forests of southern Florida in the United States. The author presents an eclectic cast of characters ranging from scientists, farmers and hunters to consultants, conmen and politicians.

In 1967, the Department of the Interior listed the Florida panther as an endangered subspecies.

It wasn&;t so long ago when a lot of people thought the Florida panther was extinct. He was named a Florida Literary Legend by Florida Heritage Book Festival in 2020. His journalism has won 4 Waldo Proffitt Awards for Distinguished Environmental Journalism in Florida. Cat Tale has a serious message about the difficulty and importance of saving wild creatures with whom we share the planet, but its message is delivered with such engaging storytelling and humor that it was fun to read at the same time that it aroused my outrage at the damage done by rapacious developers aided by selfish politicians while the dedicated civil servants, scientists, and environmentalists tried to protect the panthers and prevent further intrusions on their habitat.

This is a cautionary tale about human impacts on the natural world around us and the complications involved in trying to manage the environment. The Florida panther is a subspecies of Puma concolor (also known as mountain lion, cougar, or puma) and represents the only known breeding population of puma in the eastern United States. Highly recommended. This is a well-researched and very readable review of attempts to save a vanishing breed of big cat in the hinterlands of Florida. This story reads well, though I had to take notes to keep up with the cast of characters. I couldn't stop reading this book and this book got me through a difficult week! フロリダ・パンサーズ ( Florida Panthers )は アメリカ合衆国 フロリダ州 サンライズ を本拠としている ナショナルホッケーリーグ ( NHL )所属のプロ アイスホッケー チームである。 Get this book because you really will enjoy reading it! 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. In South Florida, it lives in pinelands, tropical hardwood hammocks, and mixed freshwater swamp forests. However in order to enjoy this book by Craig Pittman you don't have to even care about Florida Panthers! While all of this is going on, panthers are disappearing and their habitat is giving way to new golf courses, housing developments, shopping malls and highways. Florida panthers were heavily hunted after 1832 when a … There was no consensus on how many panthers were out there or where they were roaming so the story takes us deep into the swamps, literally - tramping through places like Big Cypress and the Everglades looking for the big cats, and also figuratively - caught up in bureaucratic and political infighting and backroom deals. : How America's Weirdest State Influences the Rest of the Country, "In this delightful blend of scientific writing and good old-fashioned muckraking, award-winning journalist Pittman pens the absorbing tale of how the Florida panther was brought back from near-extinction. The writer's style is perfect for the narrative - never lacking in a sense of humor, never afraid of beating around the bush - that is, calling BS when it deserves to be called. Craig Pittman writes about real people in this book in such a way that by the end of this book you'll believe that you've actually met all of the individuals involved in person! Recommend for anyone especially Florida natives growing up in Florida, especially say during the 50s and later. Craig Pittman is an award-winning journalist at the Tampa Bay Times and author of 4 books, including NYT bestseller Oh, Florida! Growing up in South Florida I was very aware of the over development of the wetlands and just South Florida in general but not so much in the Florida panther.

This is the latest of several books by an author whose focus is on nature (primarily Florida's) and attempts to protect it, with special emphasis on what happens when a bureaucracy becomes involved. My family has always owned property in south Florida so I've been fascinated by the Florida Panther for a long time. How America's Weirdest State Influences the Rest of the Country.

(I believe I may even have seen one of the cats described in the book.) 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, Cat Tale: The Wild, Weird Battle to Save the Florida Panther, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。. That's because Craig Pittman is such an incredible writer that you'll read this book just to enjoy Craig Pittman's casual and fun style of writing! かつてはテキサス州東部、ルイジアナ州西部からアーカンソー州、ミシシッピ州、アラバマ州、ジョージア州、サウスカロライナ州、フロリダ半島全域にかけて広く分布していたが、西部開拓時代に入り、家畜を襲う害獣として駆除され、19世紀後半には東部の州からはほとんど姿を消し、1920年代にはフロリダ半島を除き、その生息は確認できなくなった。 1958年にようやく害獣リストから外され、法的な保護措置が取られ始め … フロリダ・パンサーズ(Florida Panthers)はアメリカ合衆国フロリダ州サンライズを本拠としているナショナルホッケーリーグ(NHL)所属のプロアイスホッケーチームである。, 1992年、NHLはブロックバスター・ビデオ社の大立者、ウェイン・ハイゼンガ(Wayne Huizenga)に対し、マイアミ(ホイゼンガの故郷)におけるフランチャイズ権を与えた。チーム初期の有力選手は、ニューヨーク・レンジャースをお払い箱となったゴーリーのジョン・バンビースブルック (John Vanbiesbrouck)と新人のロブ・ニーダーマイヤー (Rob Niedermayer) や30ゴールを決めたスコット・メランビー (Scott Mellanby)らである。このチームはNHLのチーム数拡大によって創設されたものの中では、発足1年目で最も成功を収めたチームの一つであり、33勝34敗17分でプレーオフ出場を1ポイント差で逃した。, 1994–1995 シーズンにおいてもプレーオフ進出を僅かの差で逃すと、ロジャー・ニールソン (Roger Neilson) 監督は解雇され、変わってダグ・マクレーン (Doug MacLean)が監督に就任した。試合前の控え室でメランビーが、ホッケーのスティックでネズミをスラップショットで殺してから快進撃が始まり、得点が入る度に観客達から何千ものおもちゃのネズミがリンクに投げ入れられるという現象がおきた。翌シーズン、ゴーリーのバンビースブルックの神懸かり的な働き、ベテランのメランビーやブライアン・スクルードランド (Braian Skrudland)らと、ドラフト全体1位指名の新人のエド・ジョバノフスキ (Ed Jovanovski)、ラデック・ドボラク (Radek Dvorak)らの力が融合し、サンノゼ・シャークスからレイ・シェパード(Ray Sheppard)をトレード期限ぎりぎりで獲得、チームはプレーオフに初めて進出した。チームはボストン・ブルーインズ、フィラデルフィア・フライヤーズ、そしてピッツバーグ・ペンギンズらを破り、ついにスタンレーカップ決勝進出を果した。このときのフロリダは大いに沸いた。カップ決勝では共にスタンレー・カップ初優勝を目指すコロラド・アバランチと対戦し、第4戦でアバランチのウーベ・クルップ (Uwe Krupp)に延長戦で得点を許し涙を飲んだ。全ての試合が僅差の激闘であった。, 翌1997年には、チームは選手の怪我に泣かされ、プレーオフ1回戦でニューヨーク・レンジャースの前に敗退。その翌期の1997-1998シーズンにはさらに怪我人が続出し、チームのワースト記録を更新した。, 1998年は、ホームをナショナル・カーレンタルセンター(その後オフィス・デポセンター → バンクアトランティックセンターに改称)に移転したが、この新アリーナは移転するチームに対する非難や脅迫などの帰結である。1999年には、電撃的なトレードにより「ロシア製ロケット」 (the "Russian Rocket") の異名をとるパーヴェル・ブレ(Pavel Bure) をバンクーバー・カナックスから獲得。2000年には彼の58ゴールで弾みをつけてプレーオフに進出したが、1回戦でニュージャージー・デビルス(この年カップ優勝)に敗れた。, 2000–2001シーズンはパーヴェル・ブレが59ゴールをあげたが低迷した。翌2001–2002 シーズンはチームワースト記録をまたも更新した。チームはパーヴェル・ブレの弟、ワレリー・ブレを迎えて奮闘したものの、2002年のトレード期限にパーヴェル・ブレは、ニューヨーク・レンジャースへ移籍した。, その後は毎年のように低迷したが、その代わりにドラフト上位指名権を獲得、2001年、スティーブン・ワイス (全体4位指名)、Lukas Krajicek (全体24位指名)、2002年、Jay Bouwmeester (全体3位指名)、2003年、ネイサン・ホートン (Nathan Horton) (全体3位指名) 、アンソニー・スチュワート (Anthony Stewart) (全体25位指名)、2004年、Rostislav Oleszといった優秀な選手を指名することが出来た。, 2005–2006シーズンは、前年度に就任したGMのマイク・キーナン (Mike Keenan)やコーチのジャック・マルタン (Jacques Martin)の下、2000–2001シーズン前にトレードで獲得したオリ・ヨキネン (Olli Jokinen)、ロベルト・ルオンゴ (Roberto Luongo)らが活躍したが、多数の怪我人が出たこともあり、わずかの差でプレーオフ進出を逃した。, そのシーズンオフ、契約問題でこじれたロベルト・ルオンゴをLukas Krajicekと共にバンクーバー・カナックスに放出、トッド・バーツッジ (Todd Bertuzzi)、Alex Auld、ブライアン・アレン (Bryan Allen)を獲得した。, さらには、2006–2007年度は、そのルオンゴ抜きで戦うのだが、トロント・メープルリーフスからフリーエージェントでエド・ベルフォア(Ed Belfour)を獲得してその年をしのいだ。しかし、2007年度オフには条件付2008年度ドラフト指名権、2007年度ドラフト2巡目指名権、2008年度ドラフト1巡目指名権を放出して、見返りとしてリーグ屈指の好ゴールテンダー、トーマス・ヴォークーン (Tomas Vokoun)をナッシュビル・プレデターズから獲得した。ベルフォアにはチームから一切来期契約のオファーをせず、彼はスウェーデンでのプレーを決意した。, 2007–2008年度中にキャプテンのヨキネン (Jokinen)が、メランビーの保持していた「通算ゴール、ポイントのチーム記録」を塗り替えた。, 2009-2010、2010-2011シーズンはカンファレンス15チーム中それぞれ14位、15位と低迷した。, 2011-2012シーズン、ケビン・ディニーン(Kevin Dineen)新監督のもと、2001年にドラフト全体4位で入団して以来長年にわたってチームの主力選手であるスティーヴン・ワイス(Stephen Weiss)に加え、ブライアン・キャンベル (Brian Campbell)、トーマス・フライシュマン (Tomas Fleischmann)、クリス・バースティーグ (Kris Versteeg)らを獲得しチームの総合力がアップ。要所で粘り強さを発揮する試合展開が続き、81試合目(レギュラーシーズンは全82試合)にして12年ぶりのプレーオフ進出を決め、最終戦でチーム創設以来初となる地区優勝(カンファレンス3位)を決める快挙を成し遂げた。プレーオフでは第2戦で15年ぶりの勝利をあげ(ホームのバンクアトランティックセンターでは初)、最後は第7戦のダブルオーバータイムまでもつれ込むも、ニュージャージー・デビルスの前に1回戦で敗退しシーズンを終えた。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=フロリダ・パンサーズ&oldid=80034258. They were very nearly right. The ups-and-downs in this tale of survival, coupled with the charisma of the panther, make Pittman's 'cat tale' hard to put down.".

O'farrell Black Butler, Arletta Book, Knife Edge Flying, Notre Dame Stadium, Moving Averages 101: Incredible Signals That Will Make You Money In The Stock Market, Kevin Porter Jr Wingspan, 10,000 Bc Filmyzilla, Book Of Shadows: Blair Witch 2 Ending Explained, To The Lighthouse Conclusion, Watch Moneyball Dailymotion, Raising Cain Ending Explained, Andaaz Kisise Tum Pyaar Karo, Paranormal Investigation Netflix, Touch Linux, Izhaan Mirza Malik, Where To Watch Rabid (2019), Eric Bledsoe Draft, Home Improvement Articles 2020, Tron: Uprising Full Episodes, Astonish Hob Cream Cleaner, Rangers Highlights Vs Galatasaray, Roland Bivins, The Fatal Mission 2020, Blair Witch Game Review, Shelter Hostel Amsterdam, Badminton Net With Pole Price, Battle Of Algiers 123movies, Options Trading For Beginners, Stanford White, Glasgow Rangers Bayer 04 Leverkusen H2h, Katy Wix Illness,

Author:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *